マスクしてない子とはあそべない

さっきね、奥さんが気を遣ってくれて坊ちゃんをキャッチボールに誘い出してくれた。

本人、あまり興味ない。

やっても続かず、すぐに引き上げることに。

一緒にやってくれた近所の女の子の方が俄然うまい。

 

両手にグローブを抱え、公園を引き上げようとした去り際、その女の子が僕に言う。

 

さっきね、あそこの子に「あそぼー」って言ったんだけど

マスクしてない子とはあそべないって言われた

 

あの子?

公園の隅っこ。

遊具で遊ぶ母と子を指差すと「うん」と首を縦に振る。

 

なんだかなぁ。

悲しい世の中になっちゃったよなぁ。

グローブ3つにボール1つ。

マスクゼロの僕と坊ちゃんと近所の女の子。

そこをどう擽るか

仕事とは、気遣いである。

年々そう思う。

そのね、専門的なスキル云々ではない。

本人の「気持ち」に尽きる。

それさえあれば、必要なレベルのスキルは、恐らく自然と身についていく。

どんどん良くなっていく。

逆は悲惨。

何も良くなっていかない。

人が離れていく。

人の気持ちが離れていく。

それが自分のせいだと思わない。

だから、どんどん悪化していく。

 

気持ち、すなわちモチベーション。

これをどうにかしないとどうにもならない。

だから、そこをどう擽るか。

最近はそう考えるようになってきている。

儚き暑さへの耐性

悶々とした空気の中、サウナ状態のカッパの内側から噴き出した汗がタラタラと流れ出す。

滴下を超え、流れ出している、そういうレベルの量。

真夏の現場作業は命懸けである。

 

午前の作業が難航し、めげそうになる中、午後の作業はうまく行った。

助かった・・・。

暑い、というだけでヒトは何倍の体力を消耗する。

 

休憩時間、水筒に入ったコーヒーで一服。

隣からツッコミが入る。

それ、何?の問いに「ホットコーヒー」と答える。

せっかく魔法瓶なのに、氷入れてこりゃいいじゃん。

ごもっともな指摘にぐうの音も出ない、というか完全に同意する。

しつつも、コーヒーは夏でもホットなんだよなって、密かに思っている。

 

翌日、テレワーク中に奥さんがギブアップ。

冷房つけていい?とクーラーのスイッチを入れる。

えっ、全然涼しかったけど?

と言えるのは翌日まで。

次の日からは冷房つけよか〜に完全同意。

 

苦労して身につけた暑さへの耐性、一瞬で滅びます。

フィードオイル

毎週欠かさずに観てます、情熱大陸

今回はうなぎ職人だという。

その焼き方、斬新。

常識がぶっ飛ばされるね。

焼きが入りすぎるところにはチョコチョコ水ぶっかけたりしてる。

 

料理の何割かは素材で決まる・・・という言葉もあったような。

その職人さんも例に漏れず、養殖場に足を運んでいた。

天然物、流通してる1%くらいなんだって。

養殖場での光景、ちょっと衝撃。

まず、水温は育ちが早いように暖かくなってる。

んで、餌。

なんか茶色い粉に「フィードオイル」と呼ばれる油を混ぜ、機械で捏ねる。

パンの焼く前みたいな状態になった、巨大な粘土の塊のような物体を水中に放り込むや否や、大量の稚魚が食らいつく。

その姿、タタリ神になった乙事主のよう(映画もののけ姫に出てたやつね)。

結果、天然の鰻は3年かけてでっぷり大きくなるのに対し、養殖はおよそ半年で出荷できるのだという。

 

職人さん曰く、この育ち方の違いで味がまるで違ってくるのだという。

養殖は脂過多。

天然物はあっさりして美味しいのだと。

対して養殖屋さんが反発する。

鯖だって、脂ののったノルウェー産が美味しいと言われているではないか。

 

いつだって、経済が絡むと話はややこしい。

でも、天然物の鰻食べてみたいな。

あと、フィードオイル入りの餌に食らいつく鰻の稚魚を見て、ちょっと引いてしまった。

そうやって育った鰻を食べたいと思えない自分がいる。

恐らく、養殖業者さん自身も同じなのではないか?

 

人間も鰻の稚魚と同じかもしれない。

フィードオイル入りの加工食品を食べて育つ人間。

ヒトの死体は昔に比べて死臭がしなくなったという。

果たして僕たちは生きているのか?

それとも経済というバケモノに養殖されているのか?

部品の一つがめっちゃいい!よりも、トータルのバランスがいい!が勝つ

夏祭りに向かう3人。

奥さんのカッコがビシッと決まってる。

ジーパンにノースリーブ、靴はどんなのか忘れた。

全く違和感がない。

なんだろ、ノースリーブがいいのだろうか?

 

奥さんに伝えると「これ、ユニクロだよ」と返ってきた。

ユニクロだろうがなんだろうが、いいものはいい。

そう答えて、「ユニクロがそんなにいいものなわけがない」って前提条件に気がつく。

 

なんだろうね。

部品の一つがめっちゃいい!よりも、トータルのバランスがいい!が勝つのかもしれないね。

 

なんかキマってんだよな、奥さんのあのカッコ。

色も含めてだと思う。

薄いベージュのノースリーブに青のシンプルなジーパン。