自分の価値観を押し付けたいという原始的な欲求

坊ちゃんとサイクリング。 自由に行きたいところへ。 小さな背中を、僕は漕ぐ回数を減らしながら後ろから付いていく。 「ここ、〇〇しょうがっこうだよ!」 入学したての小学校に案内してくれた。 土曜日の朝。 グラウンドでは少年野球チームが練習中。 少子…

よく言えば、鈍感力

集中力は24分くらいが限界だという。 ほんとかどうかは知らないが、実感としてだいたいあっていると感じる。 会社に出社しているときは30分ごとに席を立ち、廊下をプラプラ歩く。 家でテレワークの日はベランダに出した椅子にもたれ、2〜3分目を瞑る。 陽…

産業道路

家事・育児。 これをやりながらだと、他のことはほぼ何も進まない。 かといってこれを投げ出して仕事するわけにもいかないってことは、仕事なんて究極的にはどうでもいい部類に入るのだ。 坊ちゃんからはひっきりなしに「みてみて!」やら「こうえんいく!」…

モチモチ・スベスベ

肌がモチモチ・スベスベに切り替わった。 それはもう、完全に別物。 やめたことは一つ。 ヨーグルト。 美味しんだ、これが。 そして安い。 毎日400 gくらいの1パックをペロリ。 調子に乗って多い日は2〜3パック食べていたヨーグルトをやめて数日。 おそら…

「自分はまだ大丈夫」は「自分はもう大丈夫ではない」と同義

父は優しい男である。 逆に相方の母は常に悪態をつくのが仕事のような人だ。 それは言い過ぎかもしれないが、母はよく顔を顰める。 GWは久しぶりに帰省した。 奥さん曰く、食後の洗い物中の父に対して「ありえんわ」「信じられんわ」などと、その所作にダメ…

バターリッチクッキー

キッチンから香ばしい香りが漂う。 見て見て、と奥さんが焼きたてのクッキーを見せてくれる。 もう、死ぬほど美味しそうなのね。 1個食べたら終わり。 全部なくなるまで食べきる自信がある。 悪い意味で。 僕が小麦粉を食べない、という影響をもろに受けて…

ちょっとしたこと

仕事できる人。 この人と一緒に仕事したいなという人。 円滑に仕事を回せる人。 そうでない人との差は何だろう? どちらもミスは同じくらいしていると思う。 だから、それは技術的なスキルの差ではないような。 じゃあ何?と聞かれるとちょっとしたこと。 気…

延々と図太いコンクリートの高架

北陸自動車道をゆく。 コロナの影響もあって、久しぶりに通るね。 ふと、景色に違和感。 あれ、何造ってるんだろう? 何度も通る道だけに、新しく出来た物体には無意識に反応してしまう。 それがナニかはすぐにわかった。 北陸新幹線。 その線路を作るために…

「イイネ!」は男女で種類が違う

奥さん曰く。 「イイネ!」は男女で種類というか意味合いが違うのだという。 まず、女。 違う表現をすると「わかる〜!!」ってこと。 夫はイヤ!夫キライ! これにも「イイネ!」がつく。 要は共感なのです。 男はというと・・・。 「すごいですね!」とい…

アウト、セーフの境界線

久しぶりの帰省。 敷居を跨いですぐに「はい、手洗いして!」と言うマスク面の両親。 家の中でもマスク着用、食事は別々の部屋で。 なんだか、いやあな世の中になっちまったもんだ! ちと、友達とお茶してくるわ、と言えば「飛沫に気をつけてマスクちゃんと…

うまくやろうとすると、逆にうまくできない

奥さんの作る料理の味が安定してきたような。 夕食のおかずを頬張っていると、「最近計るのをやめ気味」なのだと奥さんが言う。 まさしく、それが要因な気がする。 人はできるだけ楽をしようとする生き物。 ナビを入れちゃうと何回同じ道を通ってもなかなか…

実践、実戦

食べたいの、お菓子。 早速試してみるのは「妄想力ダイエット」。 薬局に整然と並ぶお手頃価格のポテチたち。 日本人、こんなところでも頑張りすぎなのさ。 こんなに安くてこんなにも美味しいの。 実践、実戦。 ピザポテトの前に立ち、目を瞑る。 頭の中でプ…

妄想力ダイエット

セブンルールに初めて見る芸人さん?が出てて。 100kg超えから65kgくらいまで体重が落ちたんだと。 わずか一年半くらいで。 おおっ!すげーじゃん。 そのコメントがまた素敵なの。 前は、腹が減ってようがいまいがずっと何かしら食べてたんだと。 そんで…

出勤理由

コロナで、コロナで・・・。 またもやの緊急事態宣言に、会社は狼狽える。 デカい会社ほど世間の目を気にするの。 テレワークせよ!の大号令。 正直、どっちでも好きな方でいいじゃんって思う。 号令かけてる人、専属の車で通勤してっから電車の混み具合とか…

会社にはイエスマンばかり

人はなんでもツールで解決しようとする。 でも、待てよ、って思う。 ツールがあろうがなかろうが、できてる人とできていない人がいたはずで。 だったら、それはツールあるなしの問題ではないんじゃないの? 会社にはイエスマンばかり。 できなかったことは表…

人は一度上がった階段を降りようとはしない

ニュース、普段全く見ない。 なんか、そのまんま、画面から流れてくる情報をそのまま何も考えずに受け入れてしまいそうで嫌だ。 それが全部じゃないはずで。 あの四角い枠よりも現実はもっと大きい。 角度が変われば全く違う画面があるはずで。 でも、テレビ…

ヘッドセット

ボルダリング。 坊ちゃんはあまり乗り気でない。 というか、かなり乗り気でない。 かといって、どーしても嫌じゃ!!まではいかない。 行ったら行ったで、やらないけど忘れた頃にちょっとだけやったりする。 それ以外は、持ってきたおもちゃの車で遊んだり、…

毛って、不思議

近年、「年とったなぁ・・・」と思うことにしばしば出くわす。 最近は耳毛。 昔はうぶ毛しか生えていなかった耳。 鏡に映った耳。 偶然アップで見て愕然とする。 耳の入り口付近に、フツーに黒い毛が一本ずつ生えている。 左右、両方ね。 思わず抜いて、イテ…

「余裕を持つ」ということは「諦める」という意味

整体師さん。 個人店だと、大概は一人でやってたりする。 当然、やってる真っ最中に予約の電話が鳴る。 そのプライオリティは、施述中のお客より高い。 それは紛れもない事実。 大きく2種類に分かれるその電話対応。 明らかに早口で焦って対応する人。 急い…

その経験を無駄にする人と糧にする人の2種類がいるだけ

しまった・・・。 後悔先に立たずというのは、一生涯続くのでしょうか。 よし、こういう段取りでやろう! そこそこ資料にざっと目を通して目論見を立てたんだけど、脆くも崩れる。 うぅ。 私の無駄な数時間。 平日の定時分くらい、無駄になっちゃって。 ただ…

意外と最難関

〇〇さんから仕事来ました? 僕の質問に対して「そんな話は来ていない」との答え。 業務負荷パンパンで遅延発生・・・という人がいたので「これはこの人に振ろう」という打ち合わせをしたのにも関わらず、仕事を振っていない。 リミットまでそんなに時間ない…

まあいいか

出口さんの本に感銘を受け。 奥さんのガサツについて無視してみよう!というトライ。 それが成功したよ、という話。 昨晩、奥さんは風呂を沸かすために蛇口をひねったとさ。 我が家は進んでいない。 タタタン、タタタン、タタタンタン! タタタン、タタタタ…

「生で見ると」嬉しい人、「テレビで見ると」嬉しい人

とうさんがテレビに出た。 みてみて、嬉々として僕にその映像を見せようとする奥さん。 ほう、テレビに出るなんてすごいじゃない。 最初はそう思ったが、何か違和感。 あれ、俺はそれ見たいか? 5秒後、ふと思う。 別にテレビで見なくていいや、と。 いつも…

熱しやすすぎて、冷めやすすぎる奴

来店して、翌日から毎日のように通うような瞬間的な常連。 いるんだな、たまに。 例えば、飲食店。 気に入ったようで、ほんと、毎日のようにくる。 すげえなって思いながら接してると、オーナーがポツリ。 ああいうタイプは、すぐぱったり来なくなるんだよ・…

子供らしく

自宅に奥さんの友人が遊びに来たという。 坊ちゃんを見て「子供らしくていいね」という趣旨の発言をしたとか。 はにゃ?という感想。 逆に子供らしくない子供ってどんなよ? その友人、坊ちゃんと同じくらいの甥っ子がいるんだと。 そんで、甥っ子はゲームに…

うっしざわさん

そういえば、先日。 僕のデスクトップ画面を見た人が声をかけてくれた。 おっ、うっしざわさんだね。 ねほりん、ぱほりん。 いやぁ、観てる人いるんだね。 しかも声かけてくれたのは60オーバーの人。 それからしばし歓談。 いい番組だよなって思う。 スポ…

たぶん、何も変わらない。 でも、僕は

翌朝、僕は行動を起こした。 なんかモヤモヤして。 見て見ぬ振り、はしたくない。 朝一で面識のある偉い人二人に長々とメールを打つ。 「これでいいのか?」と。 片方からすぐにレスポンスがあった。 定時後、面談。 みんなその人がどんな人かはわかってる。…

2ヶ月後

後輩からチャット。 少し時間をおいてから返す。 「あっ、もしかして・・・」と頭をよぎる。 2回目の返信の後、電話がかかってきた。 しんどい現場を脱出したという。 やはり、その件か。 僕が過去潰れたときに一緒に仕事した、まあ社内では有名な人。 後輩…

これがクセになるように

久しぶりに出口さんの本を読んで。 いい本でした。 つけた付箋は96個! 胸を打たれる名言・格言がズラリ。 部下を持ったら必ず読む「任せ方」の教科書 「プレーイングマネージャー」になってはいけない ジャンルで言うと、ビジネス書になると思うんだけど…

もちろん、眠りながら

久しぶりに坊ちゃんと二人きりで過ごす日。 就寝後、夜中に目が覚めた。 なんかお腹が減ってて、ポテチとチョコを食べる。 美味しすぎるんだな、これが。 戻った布団。 地味に寝付けない 坊ちゃんはというと・・・。 あれ?俯せで腰をカクカク。 敷き布団に…