変な優越感

奥さんと子供が、来店。

奥さんは友人とお買い物、名古屋駅で坊ちゃんを引き取り、帰路に就く。

お昼ご飯、何がいい?

迷わずに「うどん!」と答える坊っちゃん

スーパーに寄り、テキトーにうどんをこしらえる。

残したつゆを啜ると、濃さにうげっとなる。

次回から、味見くらい、しようか。

そんな濃すぎるうどんを9割がた食べきった坊っちゃん

食の幸せは、金額ではないのだなと、しみじみ思う。

 

コロナ全盛の世の中。

児童館すら、やってない。

さて、午後から何しよか?

公園に行く、と言う坊っちゃん

自転車も、お砂場セットも、お引越し済。

ここにはない。

う〜ん、大した金額じゃないし、近所の100均ででも買ってくるか・・・。

「でもさ、かうとものがふえちゃうから、だめだよ」

坊っちゃんから、意外なダメ出し。

なんて、堅実な子供に育っているんだ・・・。

10分後くらいに、「おかーさん、かっていいっていった?」て聞いてきたけど。

 

モノがないと、アタマの出番。

園芸用のシャベルを持ち出し、ドヤ顔をしてみせる。

坊っちゃんも、「おー、これこれ!」と満更でもない。

 

スタートしたお砂場遊びは、すぐに壁にぶち当たる。

シャベルで水路を作ったはいいが、流す水を運ぶものがない。

う〜ん、家からなんか持ってくるか?

家の隣が公園、ってのは、何かと便利。

帰宅し、ビニール袋を手に取る。

これに水入れて、手提げのとこ持てば・・・。

でも、坊っちゃんがやるにはハードル高し。

そんなビニール袋の隣に、いいもの発見。

これだ。

明治ブルガリアヨーグルト400gの空箱。

 

手渡した坊っちゃんの目が輝く。

これで、水を流せる!と。

 

最終的には、園芸用のスコップとバットまでフル活用。

お隣、市販のお砂場セット(よくある、プラスチックのやつね)で遊ぶ親子に対し、なぜか変な優越感。

こちとら、ブルガリアでっせ?

この気持ち、なんだろう?

 

モノがないと、必然的に考えざるを得ない。

それはそれで、楽しいもんだな、ということがわかったブルガリアの話。